プロアドレノメデュリンproADM - 感染症

感染症(かんせんしょう、Infectious disease)とは、寄生虫、細菌、真菌などの病原性微生物や、ウイルス、異常プリオン等の病原体が体内に侵入し感染して増殖し発症する疾患の総称です。

スポンサードリンク

プロアドレノメデュリンproADM

アドレノメデュリン(ADM)は、1993年にわが国においてヒト褐色細胞腫組織中から単離・同定されたアミノ酸52個からなる生理活性ペプチドです。一酸化窒素やエンドセリンの産生亢進を介した強力な血管拡張作用を有し、その血中濃度は心不全患者の重症度に応じて増加することが知られています。ADM遺伝子は心血管系にとどまらず、神経系、泌尿生殖系、消化器系、呼吸器系など全身の組織で広範に発現しています。各臓器において、抗炎症作用・抗酸化作用を示すなど、免疫調整や代謝関連作用も含めた多彩な生理機能を発揮しています。

プロアドレノメデュリンproADM の詳しくはこちら

インフルエンザワクチン注意点 脳血管障害・糖尿病・周術期

・脳血管障害・中枢神経障害
これらを有する患者においては、もともと神経学的所見がある場合、ギラン・バレー症候群や急性散在性異能脊髄炎など、ごくまれに報告される有害事象が検出しにくくなる可能性があるので注意が必要です。脱力やけいれんなどもワクチンの副反応との鑑別が必要となります。
・血液疾患
造血腫瘍の患者への有効性については、低い者から100%近いとする報告まで差があります。化学療法を行っている患者では一定期間、摂取を延期する必要がありますが、そのような状況でない場合は接種が推奨されます。免疫機能の低下、他の治療薬物との相互作用、易出血性など、種々の要因が関わるため、個々のケースでの判断が必要となります。

インフルエンザワクチン注意点 脳血管障害・糖尿病・周術期 の詳しくはこちら

インフルエンザワクチン注意点 肝・自己免疫疾患・HIV

・慢性肝疾患
肝疾患の患者に対するインフルエンザワクチンの効果については、十分な研究がなされていませんが、肝硬変の患者に同ワクチンを接種した群では、インフルエンザ様症状の出現率やウイルス検出率が有意に減少したとする報告があります。血小板低下に伴う接種部位の皮下出血などをのぞき、症状が安定した慢性肝疾患の患者への接種は問題ないといえます。
・自己免疫疾患
ワクチン抗原による負荷が、自己免疫疾患の病態に影響を与える可能性については、全身性エリトマトーデス(SLE)においてワクチン接種の前後で自己抗体のレベルに差がなかったとする報告があります。また、抗原への曝露という点では、ワクチンより自然感染のほうがはるかに高いと考えられます。

インフルエンザワクチン注意点 肝・自己免疫疾患・HIV の詳しくはこちら

スポンサードリンク

感染症 のアイテム
インフルエンザワクチン注意点 呼吸器・心血管疾患・腎障害
喘息の患者へのインフルエンザワクチン接種後にピークフローの低下を認めた報告があります。
デング熱 蚊で媒介されるデングウイルス感染症
デング熱は、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症です。4種の血清型が存在し比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱とがあります。
新規保険収載 デングウイルスNS1抗原定性
NS1抗原を標的にした検査法は、ウイルス遺伝子が消失したあとも検出が可能であることから、デングウイルス感染の診断補助に有用であるといわれています。
IgGサブクラスIgG2
IgGサブクラスIgG2検査はIgG2欠損症の診断、及び免疫グロブリン製剤の投与時に必要な検査です。
麻疹(はしか)春から夏が流行の季節 麻疹抗体検査の特徴
HIは、IgM抗体、IgG抗体、IgA抗体を検出するため、感染早期から抗体価が上昇し、回復期にも抗体価が持続します。NTは、活性のある麻疹ウイルス粒子が感受性細胞に感染、増殖することを阻害する抗体(中和抗体)を検出する方法です。
シャーガス病 輸血による感染と安全対策
シャーガス病はトリパノソーマ・クルージ(Trypanosoma cruzi:T.Cruzi)という原虫によって引き起こされる慢性感染症で、ヒトおよびイヌ、ネコ、アルマジロ等他の哺乳類にも感染する人畜共通感染症です。
結核感染診断 T-SPOT検査 概要
T-SPOTはIGRAを利用した検査の一つで、ELISPOT法を用いてIFN-γ産生細胞数を計測することにより結核菌感染を判定します。
結核感染診断 IFN-γ遊離検査 QFT-3GとT-SPOTの比較
QFT-3GとT-SPOTの基本的な測定原理はほぼ同じですが、刺激抗原、測定法、判定法などが異なります。またいずれのIGRA検査も、陽性の場合に、過去の感染によるものか。最近の感染なのかの区別はできません。
成人用肺炎球菌ワクチン定期接種化2014年実施 厚労省
厚生労働省は、水痘と成人用肺炎球菌の2ワクチンを定期接種化することを、第4回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会で2014年度中に実施することを決定
プレセプシン 全血で測定できる敗血症診断マーカー
プレセプシンは、敗血症患者の血中で高値となり、敗血症の病態とよく相関するすることが報告されています。敗血症と無関係な病態の影響を受けにくいことから、より精度の高い敗血症マーカーとして利用が期待されています。
EBウイルス診断のすすめ方 抗体検査の選び方
診断上有用な抗体としては、抗EBNA-1抗体、抗EBNA-2抗体、抗VCA抗体、抗EA-DR抗体があり、各抗体の出現状況からEBVの感染状態を知ることができます。
パンデミックに備える インフルエンザ経鼻ワクチン フルミスト
インフルエンザ経鼻ワクチンは、不活化全粒子ワクチンを経鼻接種することで、自然感染と同様に鼻粘膜にIgA抗体が誘導させ、感染防御、交叉防御の両効果が得られることを目的として開発中のワクチンです。
伝染性単核症におけるEBV特異的抗体の消長と出現
感染により伝染性単核球症、上咽頭癌等を発症するウイルス。VCA-IgM陽性かつEBNA陰性のとき伝染性単核球症を疑う。
SFTSウイルス 新規のダニ媒介感染症 SFTS
厚生労働省は、ダニが媒介する感染症である「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が国内で初めて確認されたと発表。患者は山口県に住む成人女性で、2012年秋に死亡した。
T-スポットTB 結核感染補助診断キット 新IGRA
T-スポットTBは、オックスフォード・イムノテック社によって開発された結核感染補助診断キットです。T細胞の免疫反応に着目することで結核患者、潜在性結核感染症(LTBI)患者の発見を補助する新しい診断試薬です。
血中β-Dグルカンが上昇しない真菌感染症
接合菌症、クリプトコックス症の場合にはβ-Dグルカンは上昇しない。β-Dグルカンは真菌の主要な細胞壁構成成分ですが、接合菌には存在しません。
百日咳抗体EIA法 PT-IgGとFHA-IgGを測定
百日咳抗体EIAは、血清学的補助診断および百日咳ワクチンの効果判定に有用です。本法では、PT(百日咳毒素)とFHA(線維状赤血球凝集素)に対するそれぞれのIgG抗体価をEIA法で測定します。
成人肺炎 院内肺炎HAPの重症度分類 I-ROAD
院内肺炎(hospital-acquired pneumonia:HAP)は、入院48時間以降に新しく出現した肺炎のことで、患者は何らかの基礎疾患をもつことが多く、また耐性菌が原因となることもあります。
成人肺炎 市中肺炎CAP A-DROPスコア
市中肺炎(community acquired pneumonie:CAP)は市中で発症し、NHCAPに該当しない肺炎です。主に健常者か軽度の基礎疾患をもつ患者に発症します。
成人肺炎 医療・介護関連肺炎 NHCAP
NHCAPに含まれる患者には、医療行為に関連するもの以外にも、誤嚥性肺炎が多い高齢者も含むように意識されています。
感染症診断 の基本的な考え方
感染症を適切に診断し、適切な治療を行うための検査・診断・治療について簡単にまとめています。
全身性炎症反応症候群・敗血症の定義とプロカルシトニン
敗血症症候群は重症化と死亡率増加を伴う複雑で連続した臨床症状です。進行度に応じて、全身性炎症反応症候群(SIRS)・敗血症・重度敗血症・敗血症性ショックと認識されています。
細菌感染症における プロカルシトニン 結果の解釈
プロカルシトニン(PCT)は、臨床的な細菌感染において増加し、疾患の重症度が増すにつれて増加し続けます。しかし、同じ病巣の感染でもPCT値上昇が個々に異なることが考えられます。
小児の インフルエンザワクチン 2011年は接種量を増量
今シーズンのワクチンについて小児の増量のための治験を実施。その結果に基づいて、増量のための一部変更申請が認められたため、小児の接種量が増量されます。
チクングニア熱 新たに第4類感染症に追加
発熱・関節痛・発疹が3主徴であり、多くは7日以内に症状は消失しますが、多関節痛が長期間続くこともあります。
HPV-DNA同定 高リスク型 ハイブリッドキャプチャー法
ハイブリッドキャプチャー法はDNA増幅を伴わない高感度遺伝子検出法です。子宮頸がんの原因ウイルスである高リスク型HPVグループを検出します。
D-アラビニトール 深在性真菌症の診断に有用
カンジダ属の主要代謝産物。深在性真菌症の診断に有用。また、D-アラビニトール/クレアチニン比も診断に有用です。
β-D-グルカン 真菌感染症のスクリーニング
真菌に特徴的な細胞膜を構成している多糖体で、血液を用いた深在性真菌感染症のスクリーニング検査として用いられます。
日本脳炎 蚊が媒介するウイルス感染症
日本脳炎は、日本脳炎ウイルスによっておこるウイルス感染症であり、ヒトに重篤な急性脳炎をおこします。
水痘 みずぼうそう 水痘帯状疱疹ウイルス
水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)は、小児に好発する、みずぼうそう(水痘)と成人の帯状疱疹の起因ウイルス。
麻疹(はしか)麻疹ウイルス抗体検査
麻疹ウイルスは一般に「はしか」といわれる疾患の起因ウイルスで、急性感染の診断にはHI法かEIA-IgMが推奨されます。
風疹(三日はしか)とCRS ウイルス抗体検査
風疹のウイルス抗体検査の種類と基準値および一般的な風疹HI抗体価の推移
風疹(三日はしか)の症状と先天性風疹症候群CRS
風疹は一般に「三日はしか」といわれる発疹性小児感染症で、経気道感染で2〜3週の潜伏期間を経て発症し、初夏から夏にかけて流行しやすい。
ムンプスウイルス 流行性耳下腺炎 おたふくかぜ
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウイルス。抗体検査は感染早期ではCF法、特異性ではNT法が有用。
ウイルス抗体検査 目的別検査法選択のめやす
麻疹・風疹・ムンプス・水痘・日本脳炎・インフルエンザなどのウイルス抗体検査では、検査法の特徴により目的に合った検査の選択が必要です。
ウイルス抗体価の解釈とペア血清検査の意義
ウイルス感染後に産生される抗体の検出は、過去にそのウイルスに感染したことを回顧的に示すだけで、現在の状態を必ずしも反映していません。
ウイルス抗体検査の測定法と特徴
ウイルス抗体検査では、検査法の特徴により目的に合った検査の選択が必要です。主な検査法を紹介しています。
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群 SSSS
皮膚の感染病巣に存在する黄色ブドウ球菌が産生する表皮剥奪毒素(exfoliative toxin:ET)による表皮の剥離やびらんをおこす全身性の疾患です。
過去におけるインフルエンザ・パンデミック
インフルエンザ・パンデミックと考えられる流行の記録は1800年代ころからありますが、パンデミックの発生が科学的に証明されているのは1900年ころからです。
インフルエンザ・パンデミックとWHOフェーズ
現在、世界はフェーズ3にあります。これは、新しい亜型ウイルスによるヒト症例がみられるが、効率よく、持続した伝播はヒトの間にはみられていないという段階です。
インフルエンザウイルスとインフルエンザの症状
インフルエンザウイルスはウイルス粒子内の核蛋白複合体の抗原性の違いから、A・B・Cの3型に分けられ、このうち流行的な広がりを見せるのはA型とB型です。
百日咳菌抗体
百日咳は百日咳菌によって引き起こされる急性呼吸器感染症で、三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)ワクチン未接種者を中心に幼児で散発していますが、最近では成人の百日咳が問題になっています。
プロカルシトニン(Procalcitonin:PCT)
プロカルシトニン(Procalcitonin:PCT)は重症細菌感染症、敗血症の新しいマーカーとして注目されています。
パルボウイルスB19 IgM
伝染性紅斑(リンゴ病)の原因ウイルス。春に流行し妊婦では流産や胎児水腫の原因になります。
ネコひっかき病の診断法
ネコひっかき病(cat scratch disease:CSD)は、おもにネコからヒトに伝播する人獣共通感染症で、その主要原因菌はBartonella henselaeです。
インフルエンザ抗原検査 迅速キット
臨床的に重要とされるA、B型の抗体および抗原を検査。抗原性が毎年変化するため、既感染による免疫では感染防御が不十分で流行をみる
薬剤耐性とは
細菌やウイルスなどの病原性微生物やがん細胞などが、抗生物質や抗癌剤など(化学療法剤)の薬剤に対して抵抗力を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなることを指します。
マラリア原虫
血液塗抹標本上のマラリア原虫を検索し、感染の有無を診断する検査。
馬インフルエンザ
馬インフルエンザは、家畜伝染病予防法で届出伝染病に指定されている感染症で、ヒトと同じオルトミクソウイルス科に属するウイルスでありA型に分類されています。
尿中肺炎球菌莢膜抗原測定
肺炎球菌莢膜抗体を利用した免疫学的抗原抗体反応による免疫クロマト法を用いて、肺炎球菌莢膜抗原を検出する。
クオンテイフェロンTB-2G
クオンテイフェロンTB-2Gは、結核菌特異蛋白刺激性遊離インターフェロン-γ測定による結核菌感染の診断補助を目的に開発された体外診断薬です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint