肥満パラドックス は日本人にも当てはまる? - 心疾患

心疾患はさまざまな原因でおこりますが、主なものとして、酸素欠乏により生じる虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)や心疾患の末期状態にみられる心不全があります。

スポンサードリンク

肥満パラドックス は日本人にも当てはまる?

肥満は、心血管イベントのリスクファクターとして確立されており、BMIが高いほうが心不全による入院後死亡率は低く、心不全の長期予後は良好だとするデータが海外で報告され、「肥満パラドックス」として注目が集まっていますが、この「肥満パラドックス」が日本人の心不全患者にも当てはまることが示唆される研究結果が発表されました。
今回の研究では、心臓血管研究所心研データーベースを用い、登録患者1万9994人の中から抽出したLVEF≦50%の症候性心不全患者337人を対象としています。
BMIによって、やせ群 (BMI<20kg/m2)51人(15%)、正常群 (BMI=20〜24.9kg/m2)152人(45%)、過剰体重群 (BMI=25〜29.9kg/m2)109人(32%)、 肥満群 (BMI=30kg/m2)25人(7%)の4群に分け解析を行った結果は以下のとおりです。

肥満パラドックス は日本人にも当てはまる? の詳しくはこちら

動脈硬化の指標 EPA/AA比

EPA/AA比 は、血液中の脂肪酸の エイコサペンタエン酸(EPA)と アラキドン酸(AA)の割合を示しています。EPA は動脈硬化を抑制しますが、 AA は炎症を引き起こし、動脈硬化を促進するように働きます。 動脈硬化性疾患の患者では、この EPA/AA比 が低いことが報告されています。
急性心筋梗塞(AMI)では、冠動脈粥状硬化症の進展と不安定プラークの破裂が重要なプロセスとなります。AMI患者を対象に、血液中の脂肪酸と冠動脈プラーク、石灰化の関連について検討した研究(三豊スタディ)で AMI 患者における血中の EPA 濃度は有意に低く、血中 EPA/AA比 は有意に低いという結果が得られています。また、AMI患者において血中 EPA/AA比 と冠動脈プラークに相関関係があることが示唆され、血中のEPA濃度が低いと、動脈硬化が進展していることが推定されます。

動脈硬化の指標 EPA/AA比 の詳しくはこちら

膠原病に合併する肺高血圧症(PH)

肺高血圧症(pulmonary hypertension:PH)は肺動脈圧が異常に高い状態であり、WHOの定義では「右心カテーテル法による平均肺動脈圧が安静時に25mmHg以上のもの」と定義され、進行すると右心不全をきたす予後不良の疾患です。肺高血圧症は稀な疾患と考えがちですが、自己免疫疾患の代表的疾患である膠原病においては、高率に合併することが知られています。
欧米ではlimited typeの強皮症(systemic sclerosis:SSc)で最も発現頻度が高く、予後も悪いことが知られています。日本においては、混合性結合組織病(mixed connective tissue disease:MCTD)で合併率が高く、MCTDにおいて肺高血圧症は予後を規定する最大の合併症です。また、肺高血圧症は膠原病のみでなく、発生頻度に差はありますが広く自己免疫疾患伴ってみられることが知られています。

・肺高血圧症の診断分類(ヴェニス分類 2003年)
1、肺動脈高血圧症(PAH)
1)特発性肺動脈高血圧症(IPAH)
2)家族性肺動脈高血圧症(FPAH)
3)各疾患に伴う肺動脈高血圧症(APAH)
膠原病性血管疾患、先天性心疾患、門脈高血圧、HIV感染症、薬物・毒物、その他(甲状腺疾患、糖原病、ゴーシェ病、遺伝性出血性毛細血管拡張症、ヘモグロビン異常症、骨髄増殖性疾患、脾摘など)
4)有意の肺静脈または肺毛細血管閉塞を伴う肺動脈高血圧症
肺静脈閉塞性疾患(PVOD)、肺毛細血管腫症(PCH)
5)新生児遷延性肺高血圧症(PPHN)

膠原病に合併する肺高血圧症(PH) の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint