プロカルシトニン(Procalcitonin:PCT)

プロカルシトニン(Procalcitonin:PCT)は重症細菌感染症、敗血症の新しいマーカーとして注目されています。

スポンサードリンク

プロカルシトニン(Procalcitonin:PCT)

プロカルシトニン(Procalcitonin:PCT)はカルシトニンの前駆蛋白として甲状腺のC細胞において生成される116個のアミノ酸から成る分子量 13kDaの蛋白で、N末端側には57個のアミノ酸から成る領域があり、中央に32個のアミノ酸から成るカルシトニン部分、C末端側には21個のアミノ酸から成るカタカルシン(catacalcin)部分が存在します。PCTはヒトCALC-1遺伝子によってコードされています(この遺伝子は染色体11p15.4に存在する)。PTCは正常な状態では細胞内で分解され、健常人における血中濃度は検出限界以下です。

血中PTC濃度は、全身性感染症、特に細菌感染症で上昇しウイルス感染症や局所の細菌感染ではほとんど上昇が認められず、エンドトキシンやIL-6、CRP等の血中マーカーよりも細菌感染に特異的です。循環血液中の半減期は約24〜30時間。

検査材料:血清
測定法:EIA
基準値:単位(ng/ml)0.05以下
敗血症(細菌性)の鑑別診断の指標 カットオフ値:0.5
敗血症(細菌性)重症度判定の指標 カットオフ値:2.0

高値を示す疾患
全身性炎症反応を示す細菌感染症(腹膜炎、広範軟部組織感染症)、敗血症、多臓器機能不全症候群(MODS)、全身性真菌感染症(candida, aspergillus)、寄生虫感染症(malaria)、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、膵炎(胆管性)、細菌性髄膜炎、新生児敗血症、大手術(食道切除術など)

・PCT測定の適応
PCTは重症の細菌、真菌、寄生虫感染症の診断のパラメーターで、感染に対する全身的な反応の過程でのみ生成され、局所に限定された細菌感染、ウイルス感染、慢性炎症性疾患、自己免疫疾患、アレルギー疾患ではPCTは誘導生成されません。
大手術、臓器移植、多発外傷の術後期、化学療法中、重篤な膵炎、胆管炎、あるいは軟部組織の感染患者など全身性細菌、真菌感染のリスクの高い患者には、PCT測定による監視が望ましいとされています。PCTの血中濃度は感染による炎症の度合いを反映するので、もしも敗血症ショック、多臓器機能不全症候群(MODS)、または重篤な細菌感染症などで、PCTが既に高濃度のときは、PCT濃度の経過観察は予後判定に有用です。また、従来困難とされていた小児、特に新生児の敗血症の早期診断にもPCTが有用であることが報告されています。


▽プロカルシトニン(Procalcitonin:PCT) のキーワード

▽次の記事、前の記事

ガストリン放出ペプチド前駆体(Pro GRP) | γ-セミノプロテイン(γ-Sm)

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

Dダイマー と PTPスコア でDVT診断効率が向上
PTPスコア によるリスク分類とDダイマーのカットオフ値を組み合わせることで DVT の診断効率が向上します。
IgA-HEV抗体(定性)E型肝炎の早期診断
E型肝炎において急性期から産生されるIgA-HEV抗体を測定。急性E型肝炎の診断に有用です。
IgA腎症 の発症メカニズム 2
IgA腎症の発症メカニズムについて、IgA腎症惹起抗原・遺伝因子・IgA免疫系の異常・糖鎖異常IgAが考えられています。
IgA腎症の発症メカニズム 1
IgA腎症 は糸球体メサンギウムへのIgAの優位な沈着を示すことを特徴とした世界で最も多い 原発性慢性糸球体腎炎 で、日本でも40〜50%を占める主要な疾患です。
DLST 薬剤によるリンパ球幼若化試験・リンパ球刺激試験
患者末梢血から比重遠心法によりリンパ球を分離し、薬剤とともに培養してリンパ球の幼若化を観察しアレルギーの起因薬剤を判定する検査。
C型肝炎 治療副作用予測検査 ITPA遺伝子多型解析
ITPA遺伝子多型解析は、C型肝炎治療の副作用を予測する検査として有用です。C/Cの場合、C/A、A/Aと比べて貧血が起こりやすい。
WT-1 mRNA定量 AML・MDSの診断補助や経過に有用
急性骨髄性白血病(AML)の治療後の寛解期において、再発の早期診断の末梢血モニタリングに重要な役割を果たしています。
AMH 抗ミュラー管ホルモン 卵巣予備機能マーカー
近年卵巣の加齢を評価するマーカーとしてAMHが注目されています。女性の生殖年齢を通して加齢に伴いAMHは低下し、AFCと正の相関を示します。
アミノインデックスがんリスクスクリーニング AICS
アミノインデックス を用いて癌に罹患しているリスクを予測する検査をアミノインデックスがんリスクスクリーニング(AminoIndex Cancer Screening:AICS)といいます。
小児の インフルエンザワクチン 2011年は接種量を増量
今シーズンのワクチンについて小児の増量のための治験を実施。その結果に基づいて、増量のための一部変更申請が認められたため、小児の接種量が増量されます。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint