小児の インフルエンザワクチン 2011年は接種量を増量

今シーズンのワクチンについて小児の増量のための治験を実施。その結果に基づいて、増量のための一部変更申請が認められたため、小児の接種量が増量されます。

スポンサードリンク

小児の インフルエンザワクチン 2011年は接種量を増量

国内の インフルエンザワクチン は毎年、WHOの推奨に基づいて推奨株が決定され、厚生労働省の指導の下、化学及血清療法研究所、北里第一三共ワクチン、阪大微生物病研究会、デンカ生研の4社によって製造されています。
流行予測などに従って生産株は変更されるものの、製造法や用法、用量に変更がなければ、力価などを測定して問題が無いことを確認するのみで、新たな治験は行われません。流行予測が外れた場合はもちろん、的中した場合でも臨床上の有効性は、使用してみないとわからないのが現状です。

2011年は昨シーズンと同じ推奨株に基づいてワクチンが製造されます。小児に関しては従来の接種量がWHOで提唱されている接種量よりも少ないため、日本小児科学会、日本産婦人科学会が増量の要望を厚生労働省に提出しており、それを受けて上記の4社は今シーズンのワクチンについて小児の増量のための治験を実施しました。その結果に基づいて、増量のための一部変更申請が認められたため、今シーズンから小児の接種量が増量されます。

小児の用量は従来、4社一律で6歳〜13歳未満では0.3mLを2回、1歳〜6歳未満では0.2mLを2回、1歳未満では0.1mL を2回の接種でしたが、今シーズンから、化学及血清療法研究所、阪大微生物病研究会、デンカ生研のワクチンについては、6カ月〜3歳未満では0.25mLを2回、3歳〜13歳未満では0.5mLを2回接種することになりました。
ただし、北里第一三共ワクチンについては、治験で6カ月〜1歳未満に対する有効性が認められなかったため、1歳未満では使用できないこととなりました。
こうした臨床上の有効性の違いは、治験を実施して初めて明らかになるものです。また、今シーズンのワクチンは増量したにもかかわらず、1回のみの接種では有効率は低く、従来からの2回接種が推奨されています。

▽小児の インフルエンザワクチン 2011年は接種量を増量 のキーワード

▽次の記事、前の記事

ロコモティブシンドローム 検査法 | アミノインデックスがんリスクスクリーニング AICS

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

新規保険収載 デングウイルス抗原定性
デングウイルス抗原定性検査は、国立感染症研究所が作成した「デング熱・チクングニア熱の診療ガイドライン」に基づきデング熱を疑う患者が、当該患者の集中治療に対応できる保険医療機関に入院を要する場合に限り算定できます。
DIC播種性血管内凝固の新診断基準 日本血栓止血学会2014
日本血栓止血学会は、厚生労働省DIC診断基準を修正したDIC診断基準暫定案を発表しました。アルゴリズムで、DICを「造血障害型」「感染症型」ならびに「基本型」の3つの病型に分けています。
新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の効果と副作用
新規糖尿病治療薬sodium glucose co-transpoter2(SGLT2)阻害薬はインスリン作用を介さずに腎尿細管を標的とした薬剤です。
メタボロミクスによる癌診断
メタボロミクスは、有機酸、アミノ酸、脂肪酸、糖などの多種多様な低分子量代謝産物(メタボローム)を対象とした研究です。
膵グルカゴン 完全長膵グルカゴンを特異的に測定
完全長の膵グルカゴンを特異的に測定する研究検査項目です。
IgGサブクラスIgG2
IgGサブクラスIgG2検査はIgG2欠損症の診断、及び免疫グロブリン製剤の投与時に必要な検査です。
後天性血友病 APTTクロスミキシング試験
後天性血友病インヒビターの存在を知る簡便な方法としてAPTTクロスミキシング試験があります。
血液検査で癌の早期発見ができる miRNA検査
たった1滴の血液から、13種類もの癌を早期に発見できる・・これまでの常識を覆す、画期的な検査方法がミクロRNA(miRNA)検査です。
認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは
MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。
LOXインデックス 脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク予測
LOX-index(ロックス・インデックス)は、脳梗塞・心筋梗塞発症リスクを評価する最新の指標です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint