家族性アミロイドーシスの治療薬 タファミジス - トピックス・話題

最新のニュースや話題を中心に紹介しています。

スポンサードリンク

家族性アミロイドーシスの治療薬 タファミジス

家族性アミロイドーシスにはいくつかの病型が知られていますが、そのほとんどがトランスサイレチン(TTR)遺伝子変異に起因する常染色体優性遺伝のTTR型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-familial amyloid polyneuropathy:FAP)です。従来、限られた集積地のみに認められる非常にまれな疾患と考えられていましたが、近年の診断技術の進歩により、比較的頻度の高い遺伝性ニューロパチーであることが明らかになっています。
TTR-FAPの主な症状は、多発ニューロパチーによる四肢の感覚障害と筋委縮、自律神経障害による消化管運動障害と起立性低血圧、心伝導障害や心不全などの心症状です。

家族性アミロイドーシスの治療薬 タファミジス の詳しくはこちら

癌スクリーニング AICS値の意味と指導コメント

AICS(AminoIndex Cancer Screening:アミノインデックス癌スクリーニング)検査は、癌のリスクを評価する検査です。リスクとは、確率・可能性・危険性などと呼ばれるもので、癌であるか否かをはっきりと判断するものではありません。AICS検査は、それぞれの癌について、癌のリスクを0.0〜10.0の数値(AICS値)で報告します。この数値が高いほど、癌のリスクが高くなります。
AICS検査では、特異度80%と特異度95%のときの値を使い、癌のリスクを3つのランクに分けて表示します。ランクA・ランクB・ランクCの順でリスクが高くなります。この時の特異度80%とは、健康な人の80%がこの数字以下となるという値です。
AICS検査は、採血を行った時の癌リスクを評価するもので、生涯に渡ってのリスクを予測するものではありません。定期的な検査が必要となります。

癌スクリーニング AICS値の意味と指導コメント の詳しくはこちら

抗体様の働きを持つ DNAアプタマー

1990年米国のグループから、標的分子(低分子物質や蛋白質など)に結合するRNA断片を人工的に得るための試験管内進化法が報告されました。これは、ランダムな塩基配列を有するRNA断片のライブラリを用いて、選別と増幅を繰り返し行う方法です。こうして得られる抗体様のRNA分子はRNAアプタマーと名付けられ、この手法はin vitroセレクション、あるいはSELEX(systematic evolution of ligands by exponential enrichment)法と呼ばれるようになりました。最近では、DNA断片のライブラリを用いたDNAアプタマーの作成例も増え、抗体に代わる医薬品として核酸アプタマーが注目されるようになりました。

抗体様の働きを持つ DNAアプタマー の詳しくはこちら

スポンサードリンク

トピックス・話題 のアイテム
インフルワクチン カイコと人工ウイルスで大量生成に期待
インフルエンザワクチンの製造に必要なタンパク質「ヘマグルチニン」を人工ウイルスを使用して大量に生成する技術が、沖縄の生物資源研究所(名護市)の研究チームにより、世界で初めて確立されました。
遺伝子関連 ファーマコゲノミクス検査
PGx検査は、PGxに基づくバイオマーカーを検査して利用し、薬物治療において薬物作用機構の理解、対象標的の変動モニタリング、効果と安全性の評価、投薬の量とスケジュール調節、患者選択、予後推定などに用います。
HHV-6 疲労のバイオマーカー 客観的に疲労を測定
疲労の原因となる疲労因子(fatigue factor:FF)とFFを低下させることで疲労を回復させる疲労回復因子(fatigue recovery factor:FR)が同定されおり、今後はこれらの因子をバイオマーカーとした疲労測定も可能となると考えられています。
新型多剤耐性菌 OXA48型カルバペネマーゼ産生菌
OXA48型カルバペネマーゼ産生菌は、2012年11月に東南アジアで脳梗塞の治療を受け日本の医療機関に転院した60歳代の男性患者の喀痰や便などから分離された新型の多剤耐性菌です。
脳梗塞のバイオマーカー 血漿中蛋白質抱合アクロレイン
脳梗塞および小さい無症候性脳梗塞のバイオマーカーとして血漿中蛋白質抱合アクロレイン(Protein conjugated acrolein:PC-Acro)測定の開発が進んでいます。
Refeeding症候群 RF症
神経性食意不振症や慢性低栄養患者など、長期の低栄養や飢餓状態が続いた後に急激な栄養補給を行うと、水・電解質分布の異常により心不全・呼吸不全などの症状が起こり、最悪の場合には死に至ることもある代謝性合併症をいいます。
ヒトゲノム解析と生命現象の解明 2
生命現象の理解に、ゲノム のみでは不十分であり、トランスクリプトームやプロテオームをはじめ、多くのfashionable omeと総称される新造語が導入されています。
ヒトゲノム 解析と生命現象の解明 1
ゲノムレベルの個人差やゲノム解析によって全ての疾患の病態を説明できるものではないことが再確認されました。
アミノインデックスがんリスクスクリーニング AICS
アミノインデックス を用いて癌に罹患しているリスクを予測する検査をアミノインデックスがんリスクスクリーニング(AminoIndex Cancer Screening:AICS)といいます。
低線量率長期被曝 放射線被曝による人体への影響
DDREFは低線量・低線量率での長期の被曝が細胞の回復作用により、どの程度低減されるかを示す係数です。
放射線被曝 胎児 子ども への影響
着床前期の胚は、放射線感受性が高く流産のリスクがあり、器官形成期の被曝では奇形が誘発されます。
放射線被曝 癌の発生時期と被爆線量
発癌リスクは線量が高くなるにつれて増加します。国際放射線防護委員会では、安全サイドに立ち100mSv以下においても癌リスクは線量に比例して増加すると考えています。
放射線被曝による人体への影響 しきい値
放射線被曝による人体への影響は確定的影響(deterministic effect)と確率的影響(stochastic effect)に分けることができます。
放射線被曝による人体への影響 自然界の放射線
震災による福島第一原子力発電所の事故で問題となっている放射性物質は131 I(ヨウ素131)と134 Cs(セシウム134)、137 Cs(セシウム137)です。
低侵襲のたるみ治療 フォトRF リファーム ウルセラシステム
メスを使わないたるみ治療としてはサーマクールの他にフォトRF リファーム ウルセラシステムがあります。
サーマクール 手術を行わない低侵襲のたるみ治療
メスを使わずに皮膚を収縮させて引き締める高周波治療機器サーマクールは、自然な変化で満足度アップ。
RI内服療法 飲み薬や注射で癌の放射線治療
RI内服療法は、ガンマ線やベータ線などを出す放射性同位元素(RI)を注射や経口薬で体内に入れて、腫瘍などの病巣に放射線を浴びせて破壊する治療法です。
オーダーメイド治療 遺伝子タイプで薬を選ぶ
オーダーメイド治療とは、遺伝子タイプから個性や体質の違いを予測して行う、個人個人に合った治療の事です。
生物学の常識を覆す!?ヒ素を食べる細菌GFAJ-1株
猛毒のヒ素を食べる細菌を発見。この細菌(GFAJ-1株)はリンの代わりにヒ素をDNAの中に取り込んでいました。
子宮頸がん予防ワクチン サーバリックスの特性と予防効果
子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん発症リスクの高いHPV(ヒトパピローマウイルス)16/18のウイルス様粒子を抗原とした不活化ワクチンです。
ATL発症リスク判定 診断キットで事前治療が可能に
ATL検査時点での発症の危険性(リスク)を判定できる診断キットが開発されました。
慢性疲労症候群 休んでも疲れがとれない原因不明の病気
しっかり休んでいるのに疲れがとれない。そんな方は要注意。慢性疲労症候群かもしれません。
脱毛の原因にかかわる遺伝子・転写因子Sox21
抜け毛の原因にかかわる遺伝子を国立遺伝学研究所(静岡県三島市)と慶応大がマウスで見つけた。この遺伝子がつくるたんぱく質「Sox21」は、神経細胞の発生や増殖に関係していることが知られている。
豚インフルエンザって?感染したらどうなるの?
ニュースで話題のメキシコで発生した豚インフルエンザは、人から人へと感染被害が拡大しており、新型インフルエンザの発生に備えていた国内にも衝撃を与えています。
子どものスポーツ障害・ケガと故障の違い
ケガは予測できないので、予防は難しいのですが、障害は痛みや関節の動く範囲・筋肉の緊張度の変化などから、壊れる前に発見でき予防することができます。
ドーピング検査に血液検査(EPO検査)を導入
近頃では持久力の増強を期待してEPO(エリスロポエチン)をドーピング薬物として使用する例が増えてきました。そのため、IOC医事委員会は2002年のソルトレーク市オリンピックで初めて血液検査を導入しました。
遺伝子組み換えアルブミン製剤・メドウェイ注
血漿を使用せずにピキア酵母により産生・精製した製剤であるため、安定供給が可能であり、製造工程においてウイルスやプリオン等の感染性物質混入のリスクが少ないといったメリットがあります。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint