百日咳菌DNA 百日咳菌核酸検出

本検査は、LAMP法を用いており、迅速かつ特異的に百日咳菌の核酸検出が可能であるため、他の呼吸器系疾患との鑑別や百日咳の早期診断等に有用な検査として、期待されています。

スポンサードリンク

百日咳菌DNA 百日咳菌核酸検出

百日咳は百日咳菌の気道感染によって、引き起こされる急性(気道)呼吸器感染症です。ワクチンにより、予防可能な疾患ですが、年長児や既ワクチン接種者では非典型的な症状が多く、診断が困難となるケースが少なくありません。本検査は、LAMP法を用いており、迅速かつ特異的に百日咳菌の核酸検出が可能であるため、他の呼吸器系疾患との鑑別や百日咳の早期診断等に有用な検査として、期待されています。

材料:後鼻腔ぬぐい液
測定方法:LAMP法
基準値:陰性

※百日咳菌核酸検出は、関連学会が定めるガイドラインの百日咳診断基準における臨床診断例の定義を満たす患者に対して、LAMP法により測定した場合に算定できる。

百日咳診断基準2012より
<臨床症状>
14日以上の咳があり、かつ下記症状を1つ以上伴う(CDC 1997、 WHO 2000)
・発作性の咳込み  
・吸気性笛声(whoop)  
・咳込み後の嘔吐

<検査室診断>
発症から4週間以内:培養、LAMP法およびペア血清による血清診断
発症から4週間以降:LAMP法およびペア血清による血清診断
1)百日咳菌分離
2)遺伝子診断:PCR法またはLAMP法
3)血清診断:EIA法 抗PT-IgG抗体
 DTPワクチン未接種:10EU/mL以上
 DTPワクチン接種または不明:100EU/mL以上
 ペア血清:確立された基準はないが2倍以上を原則とする

<臨床診断>
臨床症状は該当するが、検査室診断はいずれも該当しないとき

<確定診断>
・臨床症状は該当し、検査室診断の1)〜3)のいずれかが該当するとき
・臨床症状は該当し、検査室診断された患者との接触があったとき

▽百日咳菌DNA 百日咳菌核酸検出 のキーワード

▽次の記事、前の記事

HIT発症のメカニズム | CDT/トランスフェリン比 習慣飲酒マーカー

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

CDT/トランスフェリン比 習慣飲酒マーカー
CDT/トランスフェリン比は、習慣飲酒マーカー、アルコール性肝障害の鑑別マーカーとして期待される新しい検査です。
百日咳菌DNA 百日咳菌核酸検出
本検査は、LAMP法を用いており、迅速かつ特異的に百日咳菌の核酸検出が可能であるため、他の呼吸器系疾患との鑑別や百日咳の早期診断等に有用な検査として、期待されています。
HIT発症のメカニズム
ヘパリン起因性血小板減少症(Heparin-Induced Thrombocytopenia:HIT)はヘパリン投与患者におこる副作用で、免疫機序を介して血小板減少症、動静脈血栓塞栓症を引き起こす重篤な病態です。
HTLV-1核酸検出(妊婦)HTLV1プロウイルスDNA定性
ウエスタンブロット法判定保留例におけるHTLV-1感染の診断に有用です。
PCSK9阻害薬 新しい機序の脂質異常症治療薬
PCSK9(プロ蛋白転換酵素サブチリシン/ケキシン9型)の生理学的作用は、LDL受容体の分解を促すことです。
睡眠関連呼吸障害群 カタスレニア
カタスレニアは呼気時だけ、いびきのようなうめき声(唸り声)をあげます。
睡眠関連呼吸障害群 治療起因性中枢性睡眠時無呼吸
治療起因性中枢性睡眠時無呼吸は、ICSD-3で新たに加わった障害名です。以前は複合性睡眠時無呼吸(complex sleep apnea syndrome:complex SAS)と称されていました
睡眠関連呼吸障害群 中枢性睡眠時無呼吸症候群
中枢性睡眠時無呼吸症候群は、中枢神経組織の機能不全によって睡眠中の呼吸停止または、減弱が生じ、SpO2の低下を伴うことが多い
睡眠関連呼吸障害群 閉塞性睡眠時無呼吸症候群
閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に頻回の呼吸停止や上気道の閉塞が生じ。覚醒反応による睡眠分断と動脈血酸素飽和度(SpO2)の低下をきたすのが特徴
睡眠障害の分類 睡眠関連呼吸障害群
睡眠関連呼吸障害群は、「睡眠障害国際分類第3版:ICSD-3」では、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、中枢性睡眠時無呼吸症候群、睡眠関連低換気障害群、睡眠関連低酸素血障害群、孤発性症状と正常亜型の5つに大別されています。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint