高脂血症 検査値がどのくらいだと高脂血症というか - 高脂血症

血液中には、コレステロール・中性脂肪・リン脂質などの脂質がありますが、これらの脂質が1つでも異常に増加する状態を高脂血症といいます。

スポンサードリンク

高脂血症 検査値がどのくらいだと高脂血症というか

高脂血症 とは血液中の脂質が増えた状態をいいます。コレステロールが増えても、中性脂肪が増えても高脂血症です。両方が増えている人もいます。日本動脈硬化学会の診断基準では、血液検査のデータが次のうち一つでも当てはまるときには、高脂血症と診断します。
総コレステロール値:220mg/dl以上
LDLコレステロール値:140mg/dl以上
中性脂肪値:150mg/dl以上
HDLコレステロール値:40mg/dl未満(低HDLコレステロール血症)

高脂血症 検査値がどのくらいだと高脂血症というか の詳しくはこちら

酸化LDL:MDA-LDL(マロンジアルデヒド修飾LDL)

酸化LDLは、動脈硬化の形成・進展に関与し、影響を及ぼすと考えられている酸化ストレスマーカーです。動脈硬化巣から様々な脂質酸化生成物とともに検出されており、高脂血症や糖尿病で高値を示すことが知られています。
リポ蛋白はその比重によりHDL(High Density Lipoprotein,高比重リポ蛋白)、LDL(Low Density Lipoprotein,低比重リポ蛋白)、VLDL(Very Low Density Lipoprotein,超低比重リポ蛋白)の大きく3つに分類されます。動脈硬化症は血管の内皮細胞下にコレステロールが蓄積することにより起こり、そのコレステロールは主にLDLコレステロールに由来します。これが一般にLDLコレステロールが「悪玉コレステロール」と呼ばれる所以です。コレステロールはホルモンの材料になったり細胞を構築する重要な成分ですがLDLコレステロールが過剰に存在すると血液中や内皮細胞中に停滞、蓄積してしまい、次第に変性して異物へと変化します。これが酸化(変性)LDLです。
LDLは、アポ蛋白B(アポB)と脂質から構成されていますが、活性酵素の作用により、多様な酸化変性を受けたものが酸化LDLです。過酸化により脂質から各種アルデヒドやケトン類が多く生じましたが、アルデヒド類のなかで最も多量に存在するマロンジアルデヒドがアポBを修飾したものがMDA-LDLです。

酸化LDL:MDA-LDL(マロンジアルデヒド修飾LDL) の詳しくはこちら

真の悪玉コレステロール酸化LDL(MDA−LDL)

LDLが酸化変性して生じた酸化LDLは、動脈硬化巣の形成と進展に密接にかかわっているという酸化LDL仮説が提唱されてから20年が経過し、今では酸化LDLが真の悪玉コレステロールとして一般的にも知られるようになってきました。
まず酸化LDLは、血管内皮細胞を傷害し、血液中の単球を内皮細胞に接着させ、内皮下への遊走とマクロファージへの分化をうながします。次に酸化LDLは、血管内皮下でマクロファージのスカベンジャーレセプターを介して際限なく取り込まれ、脂肪滴を過剰に蓄積した泡沫細胞を形成します。泡沫細胞が血管内皮下に集積して動脈硬化初期病変となり、さらに酸化LDLはマクロファージや血管平滑筋の増殖を促進し、動脈硬化を進展させプラークを形成します。

LDLの酸化過程
LDLは分子量約540kDaのアポ蛋白Bが一分子と、コレステロール、リン脂質、中性脂肪などの脂質から構成されています。LDLがスーパーオキシドやヒドロキシラジカルなど活性酸素種の作用を受けると、内因性抗酸化物質消失するとともに不飽和脂質の過酸化が進行し、脂肪酸の分解産物として各種アルデヒドやケトン類が生じます。これら反応性に富む分子はアポBを修飾することでLDLを変性させ酸化LDLとなります。

真の悪玉コレステロール酸化LDL(MDA−LDL) の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint