血中M2BPGi測定 肝臓の線維化進展の診断補助

M2BPGi血清中の糖鎖修飾異性体測定することで肝臓の線維化進展の診断を補助。入院を必要とせず採血のみで肝臓の線維化の進行度を迅速に測定することができるため、ウイルス性慢性肝炎の治療における患者の負担軽減が期待される。

スポンサードリンク

血中M2BPGi測定 肝臓の線維化進展の診断補助

C型慢性肝炎において肝線維化の進展度を分析することは、臨床診断上有用であることが示されており、C型肝炎治療ガイドラインにおいても、治療開始前に肝線維化の進展度を評価することが、投薬の選択における重要な指標となっています。その検査は肝臓組織を採取して行う生検(生体組織診断)が主流となっています。しかし、生検は患者が入院する必要があり、身体的・経済的な側面で患者の負担が大きいことが課題となっていました。そのため厚生労働省は「肝炎研究7カ年戦略」で「線維化の進展を非観血的に評価できる検査法の開発」を提示し、このM2BPGiが開発されました。入院を必要とせず採血のみで肝臓の線維化の進行度を迅速に測定することができるため、ウイルス性慢性肝炎の治療における患者の負担軽減が期待されます。

今回、シスメックス(株)から販売される糖鎖マーカーを用いた肝臓の線維化検査用試薬 HISCL M2BPGi試薬は、肝線維化の進行と相関性が高いレクチンを用いて、変化した糖鎖構造 Mac-2 binding protein糖鎖修飾異性体(Mac-2 binding protein glycosylation isomer:M2BPGi)を捉え、化学発光酵素免疫反応によりM2BPGi量に応じた発光強度を検出する検査技術で、肝臓の線維化の進行の度合いが数値で表示することができます。この技術は、これまでのタンパク質ベースでの検査では実現できなかった、線維化病態におけるM2BPGi表面上の質的な変化(糖鎖構造変化)を捉えることが可能となる点で、より有用性の高い検査と考えられます。

M2BPGiは、肝線維化ステージの進展の程度をカットオフインデックス(C.O.I)で反映されます。肝線維化の状態別(健常人、肝線維化ステージF0F1〜F4)でM2BPGiの測定値(C.O.I)を比較した結果、健常人では低値であり、肝線維化ステージの上昇の程度に伴い有意に高値になり、肝生検検査との一致率でも80%以上を示しました。
慢性肝炎115症例において、既存の肝線維化マーカー(ヒアルロン酸、FIB4、血小板)の結果とM2BPGiの判定結果をROC解析により実施した結果、高い診断能を有していることが明らかになりました。また、肝生検でF4判定された症例に関してM2BPGiは有意に高い診断能を有しています。

ウイルス性肝炎は、日本では約300万人が感染する国内最大の感染症であり、感染した状態を放置すると、肝細胞癌へ進行する可能性があるなど重篤な病態を招く疾患です。独立行政法人国立がん研究センターがまとめた「癌統計情報」によると、日本における2011年の肝細胞癌による死亡者数は、31,800人にのぼり、癌では肺癌、胃癌、大腸癌に次いで4番目に死亡者数の多い癌種となっています。

・糖鎖:糖鎖は細胞表面やタンパク質上に存在する糖が連なった物質。「細胞やタンパク質の衣装」とも例えられる。個々の細胞に特異的な情報伝達や細胞間コミュニケーションなどの役割を果たしている。
・糖鎖マーカー:糖タンパク質に存在する糖鎖の構造変化をターゲットにしたバイオマーカー。
・M2BPGi:Mac-2 binding protein glycosylation isomer(Mac-2 binding protein糖鎖修飾異性体)タンパク質部分が同じであっても、細胞状態の変化に伴って、タンパク質上の糖鎖構造が異なるものを糖鎖修飾異性体という。肝線維化の進行度によってMac-2 binding protein(M2BP)上の糖鎖構造が変化するため、タンパク質部分と糖鎖構造の両方を検出することで、診断マーカーとして利用できる。

▽血中M2BPGi測定 肝臓の線維化進展の診断補助 のキーワード

▽次の記事、前の記事

結核感染診断 IFN-γ遊離検査 QFT-3GとT-SPOTの比較 | 結核感染診断 T-SPOT検査 概要

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

新規保険収載 デングウイルス抗原定性
デングウイルス抗原定性検査は、国立感染症研究所が作成した「デング熱・チクングニア熱の診療ガイドライン」に基づきデング熱を疑う患者が、当該患者の集中治療に対応できる保険医療機関に入院を要する場合に限り算定できます。
DIC播種性血管内凝固の新診断基準 日本血栓止血学会2014
日本血栓止血学会は、厚生労働省DIC診断基準を修正したDIC診断基準暫定案を発表しました。アルゴリズムで、DICを「造血障害型」「感染症型」ならびに「基本型」の3つの病型に分けています。
新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の効果と副作用
新規糖尿病治療薬sodium glucose co-transpoter2(SGLT2)阻害薬はインスリン作用を介さずに腎尿細管を標的とした薬剤です。
メタボロミクスによる癌診断
メタボロミクスは、有機酸、アミノ酸、脂肪酸、糖などの多種多様な低分子量代謝産物(メタボローム)を対象とした研究です。
膵グルカゴン 完全長膵グルカゴンを特異的に測定
完全長の膵グルカゴンを特異的に測定する研究検査項目です。
IgGサブクラスIgG2
IgGサブクラスIgG2検査はIgG2欠損症の診断、及び免疫グロブリン製剤の投与時に必要な検査です。
後天性血友病 APTTクロスミキシング試験
後天性血友病インヒビターの存在を知る簡便な方法としてAPTTクロスミキシング試験があります。
血液検査で癌の早期発見ができる miRNA検査
たった1滴の血液から、13種類もの癌を早期に発見できる・・これまでの常識を覆す、画期的な検査方法がミクロRNA(miRNA)検査です。
認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは
MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。
LOXインデックス 脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク予測
LOX-index(ロックス・インデックス)は、脳梗塞・心筋梗塞発症リスクを評価する最新の指標です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint