低リスク型HPVと高リスク型HPV - STD(性行為感染症)

性行為感染症(STD)には、梅毒・クラミジア感染症・淋病・HIV・アメーバ赤痢・ヘルペス・尖圭コンジローマなどがあります。

スポンサードリンク

低リスク型HPVと高リスク型HPV

ヒト・パピローマウイルス(human papillomavirus:HPV)には100以上の型があり、粘膜感染タイプと皮膚感染タイプがあります。粘膜感染タイプのうち、高リスク型HPVはほぼ全ての子宮頸がんから検出され、子宮頸がんの原因ウイルスであることが解明されています。
また、低リスク型HPVは尖圭コンジローマ(いぼ)の原因ウイルスで、子宮頸がんは引き起こしません。
約30種類のHPV は、性器の直接の接触によって感染します。HPVは発見された順番に数字で名称がつけられ、二つのグループに分類されています。

低リスク型HPVと高リスク型HPV の詳しくはこちら

梅毒における症状と検査の特徴

1)顕症梅毒
・第一期梅毒:感染後3〜90日(平均3週間)
 症状:初期硬結、硬性下疳、局所リンパ節腫脹(無痛性)
陽性率:STS法72%  
     TPHA法50〜60%
     FTA−ABS法91%
 陽性の場合にはSTSを用いて定量を行う

・第二期梅毒:感染後2〜12週(平均6週)
 症状:発疹(丘疹性梅毒疹、梅毒性乾癬、梅毒性バラ疹、扁平コ
 ンジローマなどの出現頻度が高い)全身リンパ節腫脹、微熱、髄
 膜炎
 陽性率:STS法100%
     TPHA法100%
     FTA−ABS法100%
 扁平コンジローマや粘膜疹ではパーカーインク法によるTPの直
 接検出率が高い。梅毒血清反応はSTSのうち一法とTPHA法
 を行い、陽性であることを確認後定量を行う

・第三期梅毒:感染後数ヶ月〜4年後
 症状:結節性梅毒、ゴム腫、25%は第二期症状が再燃しうる
 陽性率:STS法73%
     TPHA法98%
     FTA−ABS法97%

・第四期梅毒:感染後約3年以降
 症状:無治療例の33%に発症神経梅毒8%、心血管系梅毒・大
 動脈炎10%、骨・皮膚等に梅毒性肉芽腫15%
 陽性率:STS法77%
     TPHA法98%
     FTA−ABS法99%

梅毒における症状と検査の特徴 の詳しくはこちら

梅毒検査の結果の見方について

梅毒は、梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum subuspecies pallidum
:TP)の感染によって引き起こされる性感染症(sexually transmitted
diseases:STD)の代表疾患であり、また、妊婦梅毒では胎盤を
介して胎児に感染します。
梅毒は感染症法により第5類感染症で、全例を都道府県知事に7日
以内に届け出ることになっています。
臨床的特徴を呈していないが、カルジオリピンを抗原とする検査に
おいて、16倍以上またはそれに相当する抗体を保有する者で、無
症状病原体保有者も届け出ます。ただし、陳旧性梅毒は届け出の必
要はありません。

梅毒の検査方法
・脂質抗原カルジオリピンを用いる検査
(serologic test for syphilis:STS)
 凝集法(RPRテスト)
 ガラス板法
・梅毒病原体(Treponema pallidum:TP)を抗原とする検査
 TPHA法
 FTA−ABS法

梅毒検査の結果の見方について の詳しくはこちら

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint