認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは

MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。

スポンサードリンク

認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは

MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。認知症研究の第一人者である筑波大学 浅田隆教授と株式会社MCBIが共同で実施したコホート研究を通じて開発された検査法です。このバイオマーカーを用いてアルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドの蓄積を間接的に評価することで、軽度認知障害(MCI)のリスクを評価します。
私たちの体には、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドが脳内に蓄積しないように排除する仕組みやその毒性を弱める仕組みが備わっています。その仕組みには、脂質代謝に関連するアポリポ蛋白質(ApoA1)免疫に関わる補体タンパク質(C3)、アミロイドβと結合してその作用を抑制するトランスサイレチン(TTR)などが関連しています。
MCIスクリーニング検査では、防御機能をもつこれら3つの蛋白質の血中濃度を測定することで、アミロイドβペプチドに対する「抵抗力」をはかるものです。

アルツハイマー病は、発病する約20年前から主な原因物質であるアミロイドβペプチドが脳内に少しずつ蓄積されていることが分かっています。このアミロイドβペプチドは、神経細胞のシナプスにダメージを与え、記憶など認知機能を傷害します。軽度認知障害(MCI)は認知症の前段階で、そのまま放っておくと5年くらいで約半分がアルツハイマー病などの認知症に進行すると言われています。「アミロイドβペプチドの蓄積」「神経細胞のダメージ」「記憶・認知機能障害」は時間をかけてゆっくりと進行します。できるだけ早くアミロイドβペプチドのたまりやすさを知り、積極的に予防を実施する、または早期の診断・治療につなげることで、アルツハイマー病を未然に防ぐことができます。

また、アルツハイマー病や高齢者の認知機能低下に関与する重要な遺伝子のひとつにAPOE遺伝子があります。このAPOE遺伝子には3つの型があり、それぞれの型によりアミロイドβペプチドへの防御作用の強さが異なります。中でもAPOEε4型を持つ場合、アルツハイマー病を発症するリスクが高いことが分かっています。このAPOE遺伝子を調べることで認知症を発症するリスクを測定することもできます。

▽認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは のキーワード

▽次の記事、前の記事

LOXインデックス 脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク予測 | 血液検査で癌の早期発見ができる miRNA検査

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

新規保険収載 デングウイルス抗原定性
デングウイルス抗原定性検査は、国立感染症研究所が作成した「デング熱・チクングニア熱の診療ガイドライン」に基づきデング熱を疑う患者が、当該患者の集中治療に対応できる保険医療機関に入院を要する場合に限り算定できます。
DIC播種性血管内凝固の新診断基準 日本血栓止血学会2014
日本血栓止血学会は、厚生労働省DIC診断基準を修正したDIC診断基準暫定案を発表しました。アルゴリズムで、DICを「造血障害型」「感染症型」ならびに「基本型」の3つの病型に分けています。
新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の効果と副作用
新規糖尿病治療薬sodium glucose co-transpoter2(SGLT2)阻害薬はインスリン作用を介さずに腎尿細管を標的とした薬剤です。
メタボロミクスによる癌診断
メタボロミクスは、有機酸、アミノ酸、脂肪酸、糖などの多種多様な低分子量代謝産物(メタボローム)を対象とした研究です。
膵グルカゴン 完全長膵グルカゴンを特異的に測定
完全長の膵グルカゴンを特異的に測定する研究検査項目です。
IgGサブクラスIgG2
IgGサブクラスIgG2検査はIgG2欠損症の診断、及び免疫グロブリン製剤の投与時に必要な検査です。
後天性血友病 APTTクロスミキシング試験
後天性血友病インヒビターの存在を知る簡便な方法としてAPTTクロスミキシング試験があります。
血液検査で癌の早期発見ができる miRNA検査
たった1滴の血液から、13種類もの癌を早期に発見できる・・これまでの常識を覆す、画期的な検査方法がミクロRNA(miRNA)検査です。
認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは
MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。
LOXインデックス 脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク予測
LOX-index(ロックス・インデックス)は、脳梗塞・心筋梗塞発症リスクを評価する最新の指標です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint