難聴 健康診断・聴力検査で見つかる難聴とは

聴力検査 は聴覚機能を調べる最も基本的な検査で、職場の定期健診や人間ドックなどでは、自覚しにくい 難聴 のスクリーニングを目的としています。

スポンサードリンク

難聴 健康診断・聴力検査で見つかる難聴とは

聴力検査 は聴覚機能を調べる最も基本的な検査で、職場の定期健診や人間ドックなどでは、自覚しにくい 難聴 のスクリーニングを目的としています。
聴力検査は、オージオメーターという機器から出る音をヘッドフォンで聞き、聞こえたら手元のボタンを押すことで、難聴がないかを調べます。1000Hzと4000Hzの周波数の音で調べるのが基本です。一般に、日本語の音の聞き分けには2000Hzまでが必要とされ、1000Hzは日常会話に必要な聴力の指標となります。聞こえなくてもニ日常生活に支障のない4000Hzは、高音域から始まる難聴の早期発見に役立ちます。
難聴は、音の聞こえる道すじのどこに異常が生じても起こる可能性があり、原因となる病気もさまざまです。急に聞こえが悪くなれば医療機関を受診するでしょうから、定期健診などで見つかるのは自覚症状がほとんどない、進行の遅い聴覚障害が中心となります。老人性難聴 や 騒音性難聴 が代表的です。
<難聴の主な原因>
・伝音難聴
外耳に原因がある:耳垢栓塞(耳あかがつまる)、外耳道の異物
鼓膜に原因がある:鼓膜穿孔、鼓膜炎
中耳に原因がある:耳管狭窄症、耳管開放症、急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、耳硬化症
・感音難聴
内耳・聴神経に原因がある:内耳炎、メニエール病、突発性難聴、老人性難聴、騒音性難聴

加齢に伴って起こる老人性難聴は、初期には8000Hz以上の高音域から聞こえにくくなります。そのため最初は難聴に気がつきません。進行すると低音域も聞こえにくくなり、自覚されるようになります。
騒音性難聴も初期には4000Hzを中心に聞こえにくくなるので、自覚症状がないことがほとんどです。進行すると聞こえにくい範囲が2000〜8000Hzにおよび「音がするのはわかるが、言葉が聞き取れない」などの症状がでます。なお高音域の難聴は 耳鳴り を伴うことがあります。
急性中耳炎などの耳の病気の既往がなく、自覚症状もない場合は、難聴の起こり方や年齢、環境などを考慮する必要があります。
一般に慢性感音難聴は両側の耳に起こります。4000Hzの検査で両耳に異常があり、年齢が50歳以上の場合、まず考えられるのは 老人性難聴 です。また、日常的に騒音の元で仕事をしている人などは 騒音性難聴 の可能性が考えられます。一方、片耳のみに異常がある場合は、突発性難聴 や メニエール病 聴神経腫瘍 などの可能性もあります。いずれの場合も耳鼻咽喉科での精密検査が必要です。

▽難聴 健康診断・聴力検査で見つかる難聴とは のキーワード

▽次の記事、前の記事

高脂血症 検査値がどのくらいだと高脂血症というか | 尿素呼気試験 ヘリコバクター・ピロリ感染症

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

低線量率長期被曝 放射線被曝による人体への影響
DDREFは低線量・低線量率での長期の被曝が細胞の回復作用により、どの程度低減されるかを示す係数です。
放射線被曝 胎児 子ども への影響
着床前期の胚は、放射線感受性が高く流産のリスクがあり、器官形成期の被曝では奇形が誘発されます。
B型肝炎訴訟 HBV分子系統解析検査 HBVジェノタイプ判定
B型肝炎訴訟で全国原告団・弁護団と国との間で締結された基本合意書で示されている HBV分子系統解析検査 及び HBVジェノタイプ判定 については次の通りです。
放射線被曝 癌の発生時期と被爆線量
発癌リスクは線量が高くなるにつれて増加します。国際放射線防護委員会では、安全サイドに立ち100mSv以下においても癌リスクは線量に比例して増加すると考えています。
放射線被曝による人体への影響 しきい値
放射線被曝による人体への影響は確定的影響(deterministic effect)と確率的影響(stochastic effect)に分けることができます。
放射線被曝による人体への影響 自然界の放射線
震災による福島第一原子力発電所の事故で問題となっている放射性物質は131 I(ヨウ素131)と134 Cs(セシウム134)、137 Cs(セシウム137)です。
新RA分類基準は早期診断に有用 ACR/EULAR新RA分類
大関節に症状がある患者や血清学的所見が陰性の患者ではやや限界がみられるものの、早期診断を目的とした新基準は有用であると結論しています。
低リスク型HPVと高リスク型HPV
HPVは発見された順番に数字で名称がつけられ、低リスク型HPVと高リスク型HPVの二つのグループに分類されています。
チクングニア熱 新たに第4類感染症に追加
発熱・関節痛・発疹が3主徴であり、多くは7日以内に症状は消失しますが、多関節痛が長期間続くこともあります。
子宮頸がん検診 ベセスダシステム+HPV検査 結果の判定
子宮頸がん検診において、細胞診とHPV検査を併用することにより、前がん病変の発見率が大幅に向上し、ほぼ確実に前がん病変の段階で発見することが可能です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint