アルコールの吸収・代謝、エタノール測定

飲酒により体内に取り込まれたエタノールは、約20%は胃から、残りは小腸上部から吸収され、門脈から肝臓を通過して全身の臓器に分布していきます。

スポンサードリンク

アルコールの吸収・代謝、エタノール測定

飲酒により体内に取り込まれたエタノールは、約20%は胃から、残りは小腸上部から吸収され、門脈から肝臓を通過して全身の臓器に分布していきます。
エタノール代謝の中心臓器は肝臓であり、胃、腎、膵臓、小腸などでの代謝はわずかです。肝臓に到達したエタノールのほとんどが、肝臓で代謝されて有毒なアセトアルデヒド(CH3CHO)になります。アセトアルデヒドはさらに肝臓内で酢酸へ酸化されます。酢酸の一部は血流により全身の組織に運ばれ、末梢の筋組織などでアセチルCoAに変換され、クエン酸回路に入り、エネルギーを産生しつつ最終的に水と二酸化炭素になります。この間に1gのエタノールから約7カロリーの熱が産生されます。吸収されたエタノールのうち2〜10%は代謝を受けずそのままの形で、呼気・尿・汗により体外に排出されます。
肝細胞はエタノールの代謝の為に3つの代謝経路を有しています。1)肝細胞にあるアルコール脱水素酵素経路(alcohol dehydorogenase:ADH)2)小胞体のミクロソームにある薬物代謝酵素チトクロームP-450 2E1を中心トスルミクロソームエタノール酸化酵素系(microsomal ethanol oxidizing system:MEOS)3)ペルオキシソームに存在するカタラーゼ(catalase)経路です。平常状態においてはADHが代謝の約80%を担っており、長期の飲酒によってADH以外の経路を介するエタノール代謝が50%をこえますが、この代謝量の増加はチトクロームP-450(CYP2E1)の酵素誘導によるものです。

エタノールの代謝酵素にはADH・MEOS・カタラーゼ・アルデヒド脱水素酵素(aldehyde dehydrogenase:ALDH)があります。肝臓でのエタノール代謝において、その速度を調節するフィードバック機構はなく、吸収されたエタノールは血中濃度がゼロになるまで無調節に代謝され、その結果として過剰のNADHが産生され、脂肪や糖などの代謝障害を起こし、脂肪肝・IV型高脂血症・高尿酸症などをきたします。
一方、エタノール酸化により生じた有毒なアセトアルデヒドはミトコンドリアを障害し、肝ミトコンドリアのアセトアルデヒド酸化能の減少をもたらします。アセトアルデヒドは血管拡張作用を有しカテコラミン類を放出させ、顔面紅潮・心拍数の増加・動悸・吐き気・頭痛・拡張期血圧の低下・総頚動脈圧の上昇などのフラッシング症状をひき起こします。

・呼気中エタノール濃度測定
血中アルコール濃度と肺胞におけるアルコール濃度の比は2,000〜2,300:1前後であり、呼気のエタノールは、飲酒後のエタノールの排泄の一つとして観察されます。呼気エタノールの定量法としては、北川式検知菅(酸化還元法)が最もよく知られ、現在でも警察で使用されています。呼気アルコールメーター(信濃電気)、アルコールチェッカー(KDD社)などは小型で測定場所を選ばず呼気エタノール濃度を直接測定できます。

▽アルコールの吸収・代謝、エタノール測定 のキーワード

▽次の記事、前の記事

急性アルコール中毒と血中エタノール濃度 | 飲酒量が反映されるマーカー・検査項目

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

低線量率長期被曝 放射線被曝による人体への影響
DDREFは低線量・低線量率での長期の被曝が細胞の回復作用により、どの程度低減されるかを示す係数です。
放射線被曝 胎児 子ども への影響
着床前期の胚は、放射線感受性が高く流産のリスクがあり、器官形成期の被曝では奇形が誘発されます。
B型肝炎訴訟 HBV分子系統解析検査 HBVジェノタイプ判定
B型肝炎訴訟で全国原告団・弁護団と国との間で締結された基本合意書で示されている HBV分子系統解析検査 及び HBVジェノタイプ判定 については次の通りです。
放射線被曝 癌の発生時期と被爆線量
発癌リスクは線量が高くなるにつれて増加します。国際放射線防護委員会では、安全サイドに立ち100mSv以下においても癌リスクは線量に比例して増加すると考えています。
放射線被曝による人体への影響 しきい値
放射線被曝による人体への影響は確定的影響(deterministic effect)と確率的影響(stochastic effect)に分けることができます。
放射線被曝による人体への影響 自然界の放射線
震災による福島第一原子力発電所の事故で問題となっている放射性物質は131 I(ヨウ素131)と134 Cs(セシウム134)、137 Cs(セシウム137)です。
新RA分類基準は早期診断に有用 ACR/EULAR新RA分類
大関節に症状がある患者や血清学的所見が陰性の患者ではやや限界がみられるものの、早期診断を目的とした新基準は有用であると結論しています。
低リスク型HPVと高リスク型HPV
HPVは発見された順番に数字で名称がつけられ、低リスク型HPVと高リスク型HPVの二つのグループに分類されています。
チクングニア熱 新たに第4類感染症に追加
発熱・関節痛・発疹が3主徴であり、多くは7日以内に症状は消失しますが、多関節痛が長期間続くこともあります。
子宮頸がん検診 ベセスダシステム+HPV検査 結果の判定
子宮頸がん検診において、細胞診とHPV検査を併用することにより、前がん病変の発見率が大幅に向上し、ほぼ確実に前がん病変の段階で発見することが可能です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint