飢餓時の蛋白代謝 マラスムス

マラスムスは、蛋白質・エネルギー栄養障害(protein-enerugy malunutrition:PEM)であり、体に備蓄されたエネルギーと蛋白質がいずれも枯渇する病態です。

スポンサードリンク

飢餓時の蛋白代謝 マラスムス

マラスムスは、蛋白質・エネルギー栄養障害(protein-enerugy malunutrition:PEM)であり、体に備蓄されたエネルギーと蛋白質がいずれも枯渇する病態です。飢餓の場合、蛋白質不足が徐々に進むため、エネルギー代謝は脂肪利用進み体蛋白を保持するような形をとります。
マラスムスでは、蛋白質・エネルギーの両方の摂取量が必要量に対して不足し、筋肉などの体構成成分から不足分を補うことで生命を維持するために起こります。

最初に肝臓が貯蔵しているグリコーゲンが消費されると、血漿中のグルコース濃度を維持するため。骨格蛋白質の異化が亢進し、アミノ酸が血漿中に増加します。そのアミノ酸は糖新生のために利用されます。また、脂肪組織では中性脂肪が分解され、遊離脂肪酸がエネルギー源として働きます。遊離脂肪酸はケトン体まで酸化され、脳や骨格筋、心臓、腎臓などでエネルギー源として用いられます。したがって、マラスムスという重篤なエネルギー欠乏状態においては、副腎皮質ホルモンの分泌増加とインスリン分泌低下によって、骨格筋、脂肪組織の異化亢進が起こります。骨格筋の低下は活動量、基礎代謝量の低下をもたらし、現状に適応します。アミノ酸が供給されるため血漿蛋白合成能は比較的維持され、血漿蛋白濃度の減少はクワシオルコルに比べて低くなります。

▽飢餓時の蛋白代謝 マラスムス のキーワード

▽次の記事、前の記事

百日咳の診断基準と検査実施フローチャート2017 |

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

飢餓時の蛋白代謝 マラスムス
マラスムスは、蛋白質・エネルギー栄養障害(protein-enerugy malunutrition:PEM)であり、体に備蓄されたエネルギーと蛋白質がいずれも枯渇する病態です。
百日咳の診断基準と検査実施フローチャート2017
小児呼吸器感染症診療ガイドライン2017版では百日咳の診断基準が大きく改定。また、この診断基準が簡便に使えるように検査実施フローチャートも改定された。
結核の感染危険度
結核患者から他の人に結核が感染する危険度を規定する因子として、感染源の排菌量、咳の激しさ、接触した時の距離、接触の時間、接触した部屋の広さ、換気の状況、在室の時間、感染を受ける側の免疫状態などが挙げられます。
結核菌と感染性
肺結核の診断には基本的に連続3回の喀痰検査が必要です。その3回の検査結果のうち、最も重い結果に基づいて診断や接触者健診などを行うことになっています。
頭頸部癌 PD-L1タンパク(IHC)28-8
頭頸部癌患者における免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」の適切な投与を行ための補助に用いられる検査です。
カルプロテクチン 潰瘍性大腸炎の病態把握
便中のカルプロテクチン濃度と腸管内の炎症の程度とが相関することから、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の診断マーカーとなります。
認知症MCIスクリーニング検査におけるMMSE実施について
認知障害を見つけたり、認知障害の重症度を測ったり、経過を追って患者の認知機能の変化を追跡したりするために使用され、認知症の分野では国際的な基準テストとなっています。
尿1滴と線虫で癌がわかる自動装置開発・日立製作所
日立製作所は「がん」のにおいを好む線虫の特性を利用し、自動で「がん」を検査できる装置を開発したと発表しました
肺癌 PD-L1タンパク(IHC)22C3 および(IHC)28-8
非小細胞肺癌患者における「ペムブロリズマブ」、非扁平上皮非小細胞肺癌患者における「ニボルマブ」の適切な投与を行う為の補助に用いられる検査です。
CDT/トランスフェリン比 習慣飲酒マーカー
CDT/トランスフェリン比は、習慣飲酒マーカー、アルコール性肝障害の鑑別マーカーとして期待される新しい検査です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint