梅毒ガラス板法・梅毒RPRテスト

性行為感染症(STD)として広く知られる梅毒の検査法。生物学的偽陽性や治癒後の陽性持続が存在する。

スポンサードリンク

梅毒ガラス板法・梅毒RPRテスト

梅毒トレポネーマと交叉抗原性を有する脂質カルジオリピンに対す
る抗体を検出する検査法です。発見者の名前をとり、一般にワッセ
ルマン反応といわれます。感度に優れ、比較的早期から陽性にな
る反面、生物学的偽陽性には常に留意が必要です。

1)ガラス板法
cardiolipin-lecithin抗原で感作したコレステリン粒子と患者血清
をガラス板上で混和し、凝集塊の有無を顕微鏡で観察する検査。

2)RPRテスト(Rapid Plasma Reagin Test)
cardiolipin-lecithin抗原を吸着させた炭素粒子と、患者血清とを
混和してできる凝集塊の有無を肉眼で観察する検査で、サークルカ
ード・テストとも呼ばれる。

※生物学的偽陽性反応(BFP:biological false positive reaction)

肝疾患、ウイルス感染症、自己免疫疾患などで非特異的に抗体が産
生される結果、抗カルジオリピン抗体保有者となり、梅毒に感染し
ていないにもかかわらず陽性反応を示すことがあります。これを生
物学的偽陽性反応と呼び、確定診断にはTPHAやFTA−ABS法
を併用します。

梅毒の疑われる患者では、3〜4週後に再検査を行い、抗体価の変
動を見る必要があります。特に感染初期や、不完全な治療を施した
症例では、経過を追って検査が必要になります。また、血清梅毒反
応が陰性でも感染直後であれば、患者血清には感染力があり、取り
扱いには注意が必要です。

基準値:(−)

高値を示す病態
梅毒、生物学的偽陽性(自己免疫疾患、肝疾患、抗リン脂質抗体症
候群ではSTS陽性となることがある)

▽梅毒ガラス板法・梅毒RPRテスト のキーワード

▽次の記事、前の記事

梅毒TPHA法・梅毒FTA−ABS法 | アメーバ赤痢・赤痢アメーバ

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

デング熱 蚊で媒介されるデングウイルス感染症
デング熱は、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症です。4種の血清型が存在し比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱とがあります。
新規保険収載 デングウイルスNS1抗原定性
NS1抗原を標的にした検査法は、ウイルス遺伝子が消失したあとも検出が可能であることから、デングウイルス感染の診断補助に有用であるといわれています。
DIC播種性血管内凝固の新診断基準 日本血栓止血学会2014
日本血栓止血学会は、厚生労働省DIC診断基準を修正したDIC診断基準暫定案を発表しました。アルゴリズムで、DICを「造血障害型」「感染症型」ならびに「基本型」の3つの病型に分けています。
新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の効果と副作用
新規糖尿病治療薬sodium glucose co-transpoter2(SGLT2)阻害薬はインスリン作用を介さずに腎尿細管を標的とした薬剤です。
メタボロミクスによる癌診断
メタボロミクスは、有機酸、アミノ酸、脂肪酸、糖などの多種多様な低分子量代謝産物(メタボローム)を対象とした研究です。
膵グルカゴン 完全長膵グルカゴンを特異的に測定
完全長の膵グルカゴンを特異的に測定する研究検査項目です。
IgGサブクラスIgG2
IgGサブクラスIgG2検査はIgG2欠損症の診断、及び免疫グロブリン製剤の投与時に必要な検査です。
後天性血友病 APTTクロスミキシング試験
後天性血友病インヒビターの存在を知る簡便な方法としてAPTTクロスミキシング試験があります。
血液検査で癌の早期発見ができる miRNA検査
たった1滴の血液から、13種類もの癌を早期に発見できる・・これまでの常識を覆す、画期的な検査方法がミクロRNA(miRNA)検査です。
認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは
MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint