IgGサブクラスIgG4とIgG4関連疾患診断基準

免疫グロブリンIgGにはIgG1〜IgG4のサブクラスがあり、IgG4の測定はIgG4関連疾患の診断に有用です。

スポンサードリンク

IgGサブクラスIgG4とIgG4関連疾患診断基準

免疫グロブリンIgGにはIgG1〜IgG4のサブクラスがあり、IgG4の測定はIgG4関連疾患の診断に有用です。IgG4関連疾患には、自己免疫性膵炎・ミクリッツ病・キュットナー腫瘍・下垂体炎・間質性肺炎・後腹膜線維症・間質性腎炎・糸球体腎炎・前立腺炎・Riedel甲状腺炎などがあり、中でも自己免疫性膵炎及びミクリッツ病の診断基準にはIgG4値が採用されています。
自己免疫性膵炎は、その発症に自己免疫機序の関与が疑われる膵臓炎です。診断において膵癌や胆管癌などの腫瘍性の病変と鑑別することが重要です。自己免疫性膵炎では、糖尿病の合併がみられる症例も報告されています。
診断基準2006(厚生労働省研究班/日本膵臓学界)
1)膵画像検査で特徴的な主膵管狭細像と膵腫大を認める
2)血液検査で高γグロブリン血症、高IgG血症、高IgG4血症、自己抗体のいずれかを認める。
3)病理組織学的所見として膵にリンパ球、形質細胞を主とする著明な細胞浸潤と線維化を認める。
※上記の1)を含め2項目以上を満たす症例を自己免疫性膵炎と診断する。ただし、膵癌・胆管癌などの悪性腫瘍を除外することが必要。

ミクリッツ病は、病理組織学的な類似性からシェーグレン症候群の一亜型と認識されてきました。しかし臨床像や、血清学的に抗SS-A/SS-Bをはじめとする自己抗体に乏しいこと、IgG4陽性形質細胞浸潤はシェーグレン症候群では観察されないことなどから、新たな新規リウマチ性疾患として位置づけられ、全身生IgG4関連疾患の一種とみなされています。
IgG4関連ミクリッツ病診断基準(日本シェーグレン症候群研究会IgG4関連疾患検討委員会)
1)涙腺、耳下腺、顎下腺の持続性(3ヶ月以上)、対称性に2ペア以上の腫脹を認める。
2)血清学的に高IgG4血症(135mg/dl以上)を認める。
3)涙腺、唾液腺組織に著明なIgG4陽性形質細胞浸潤(強拡大5視野でIgG4陽性/IgG4陽性細胞が50%以上)を認める。
※項目1)と項目2)または項目3)を満たすものを、IgG4関連ミクリッツ病と診断する。また、サルコイドーシス、キャッスルマン病、ウェゲナー肉芽腫症、リンパ腫、癌を鑑別する。

検査項目名:IgGサブクラスIgG4
検査材料:血清
測定方法:ネフェロメトリー法
基準値:単位(mg/dl)4.8〜105
2010年5月保険適用 免疫学400点

▽IgGサブクラスIgG4とIgG4関連疾患診断基準 のキーワード

▽次の記事、前の記事

ABC検診で胃の健康度チェック 胃がんのリスク分類 | 出産後甲状腺機能異常症 出産後の女性の20人に1人

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

低線量率長期被曝 放射線被曝による人体への影響
DDREFは低線量・低線量率での長期の被曝が細胞の回復作用により、どの程度低減されるかを示す係数です。
放射線被曝 胎児 子ども への影響
着床前期の胚は、放射線感受性が高く流産のリスクがあり、器官形成期の被曝では奇形が誘発されます。
B型肝炎訴訟 HBV分子系統解析検査 HBVジェノタイプ判定
B型肝炎訴訟で全国原告団・弁護団と国との間で締結された基本合意書で示されている HBV分子系統解析検査 及び HBVジェノタイプ判定 については次の通りです。
放射線被曝 癌の発生時期と被爆線量
発癌リスクは線量が高くなるにつれて増加します。国際放射線防護委員会では、安全サイドに立ち100mSv以下においても癌リスクは線量に比例して増加すると考えています。
放射線被曝による人体への影響 しきい値
放射線被曝による人体への影響は確定的影響(deterministic effect)と確率的影響(stochastic effect)に分けることができます。
放射線被曝による人体への影響 自然界の放射線
震災による福島第一原子力発電所の事故で問題となっている放射性物質は131 I(ヨウ素131)と134 Cs(セシウム134)、137 Cs(セシウム137)です。
新RA分類基準は早期診断に有用 ACR/EULAR新RA分類
大関節に症状がある患者や血清学的所見が陰性の患者ではやや限界がみられるものの、早期診断を目的とした新基準は有用であると結論しています。
低リスク型HPVと高リスク型HPV
HPVは発見された順番に数字で名称がつけられ、低リスク型HPVと高リスク型HPVの二つのグループに分類されています。
チクングニア熱 新たに第4類感染症に追加
発熱・関節痛・発疹が3主徴であり、多くは7日以内に症状は消失しますが、多関節痛が長期間続くこともあります。
子宮頸がん検診 ベセスダシステム+HPV検査 結果の判定
子宮頸がん検診において、細胞診とHPV検査を併用することにより、前がん病変の発見率が大幅に向上し、ほぼ確実に前がん病変の段階で発見することが可能です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint