放射線被曝による人体への影響 しきい値

放射線被曝による人体への影響は確定的影響(deterministic effect)と確率的影響(stochastic effect)に分けることができます。

スポンサードリンク

放射線被曝による人体への影響 しきい値

ヒトが放射線に被曝するとどのような影響がでるのでしょうか。これは確定的影響(deterministic effect)と確率的影響(stochastic effect)に分けることができます。
確定的影響は、比較的高線量(100〜数千mSv以上)の放射線を被爆した後、数時間から数ヶ月で出てくる影響(髪が抜ける、子供が産めなくなるなど)です。これらの影響は、臓器を構成している細胞が被爆によって相当数死滅することが原因でおこります。また白内障も確定的影響です。確定的影響の特徴は、被曝量がある値を超えて初めて症状が出現することで、この値を「しきい値」といいます。一番小さな「しきい値」は男性の一時不妊で、100mSvです。

放射線被曝による人体への影響 しきい値 の詳しくはこちら

放射線被曝による人体への影響 自然界の放射線

震災による福島第一原子力発電所の事故で問題となっている放射性物質は131 I(ヨウ素131)と134 Cs(セシウム134)、137 Cs(セシウム137)です。事故初期には吸入や食物、水、牛乳から131 Iが体内に取り込まれることが心配され、さらに地表に降下した137 Csなどの半減期が長い放射性物質からは、低線量率の外部被曝を長期に受けることになります。

放射線被曝による人体への影響 自然界の放射線 の詳しくはこちら

新RA分類基準は早期診断に有用 ACR/EULAR新RA分類

2009年に報告された ACR/EULARによる新しい関節リウマチ(RA)分類基準を、わが国の臨床現場でどう活用していくべきかについて、2011年7月神戸で開催された日本リウマチ学会(JCR2011)で、多くの施設から新基準に関する検討結果が発表されました。
青森県立中央病院リウマチ膠原病内科の金澤洋氏らは、関節症状出現1年以内の早期患者を対象とした検討から、関節所見を正確に診断することが要求され、大関節に症状がある患者や血清学的所見が陰性の患者ではやや限界がみられるものの、早期診断を目的とした新基準は有用であると結論しています。

新RA分類基準は早期診断に有用 ACR/EULAR新RA分類 の詳しくはこちら

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAPの新着記事
低リスク型HPVと高リスク型HPV
HPVは発見された順番に数字で名称がつけられ、低リスク型HPVと高リスク型HPVの二つのグループに分類されています。
チクングニア熱 新たに第4類感染症に追加
発熱・関節痛・発疹が3主徴であり、多くは7日以内に症状は消失しますが、多関節痛が長期間続くこともあります。
子宮頸がん検診 ベセスダシステム+HPV検査 結果の判定
子宮頸がん検診において、細胞診とHPV検査を併用することにより、前がん病変の発見率が大幅に向上し、ほぼ確実に前がん病変の段階で発見することが可能です。
HPV-DNA同定 高リスク型 ハイブリッドキャプチャー法
ハイブリッドキャプチャー法はDNA増幅を伴わない高感度遺伝子検出法です。子宮頸がんの原因ウイルスである高リスク型HPVグループを検出します。
トリクロル酢酸TCA 対象物質トリクロルエタン
有機塩素系溶剤の代謝物。総三塩化物とともに塗装、洗浄に用いられる有機溶剤の暴露指標。
高感度心筋トロポニンTとトロポニンI
トロポニンの微増が精度高く測定できるため、心筋の壊死範囲が狭く、血中のトロポニン値が微量にしか増加しない超急性期においても、高い診断精度が示されています。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint