淋菌感染症

淋菌感染症は、淋菌Neisseria gonorrhoeae(gonococci)の感染による性感染症です。性交や性交類似行為以外で感染することはまれです。

スポンサードリンク

淋菌感染症

淋菌感染症は、淋菌Neisseria gonorrhoeae(gonococci)の感染
による性感染症です。淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数
時間で感染性を失い、日光、乾燥や温度の変化、消毒剤で簡単に死
滅します。したがって、性交や性交類似行為以外で感染することは
まれです。

淋菌感染症は世界中に存在しており、近年増加しています。我が国
では、1985年以降のエイズ啓発活動により顕著に症例数が減少して
いましたが、最近の感染症発生動向調査によると、1999年4月以降
連続して増加傾向にあります。
感染者は20歳代の年齢層に最も多く、報告数の中で女性の数が男
性より極端に少数であることについては、女性は自覚症状に乏しく
受診の機会が少ないことも要因の一つと考えられます。

最近の疫学的研究によれば、淋菌感染によりHIVの感染(エイズ)
が容易になると報告されており、その意味でも重要な疾患といえます。

・病原体
淋菌感染症の病原体は、淋菌Neisseria gonorrhoeae(gonococci)
で直径0.6 〜1μm のグラム陰性双球菌で、腎臓形をした球菌はそ
れぞれがくぼんだ面で接しています。

淋菌
男性尿道炎患者からの尿道分泌物の塗抹標本(グラム染色)
左:淋菌を貪食している白血球(好中球)。胡麻のように見えるのが
淋菌で2個対になっている。
右:貪食をしていない通常の白血球。

・臨床症状
男性:淋菌性尿道炎(尿道に淋菌が感染すると、2〜9日の潜伏期
   を経て通常膿性の分泌物が出現し、排尿時に疼痛を生じます
   しかし最近では、男性の場合でも症状が典型的でなく、粘液
   性の分泌物であったり、場合によっては無症状に経過するこ
   とも報告されています)

女性:子宮頚管炎(男性より症状が軽くて自覚されないまま経過す
   ることが多く、また、上行性に炎症が波及していくことがあ
   ります。米国ではクラミジア感染症とともに、骨盤炎症性疾
   患、卵管不妊症、子宮外妊娠、慢性骨盤痛の主要な原因とな
   っています)

その他、咽頭や直腸の感染では症状が自覚されないことが多く、こ
れらの部位も感染源となります。
淋菌感染症は何度も再感染することがあります。

・診断
淋菌同定DNA(PCR法)
淋菌同定DNA(液相ハイブリダイゼーション)
STD−DNA同定セット(クラミジア・淋菌・HPV)

・治療と予防
淋菌は耐性菌が増えているが、その出現や検出率には抗菌薬の投与
方法や使用頻度が関係しています。
国や地域により、治療で多く使用される抗菌薬やその使用方法が異
なるため、耐性菌の検出率も異なってきます。
治療として、スペクチノマイシン(筋注)、セフィキシム(経口)
オフロキサシン(経口)、ビブラマイシン(経口)などが用いられ
ています。
セフトリアキソン(静注)も有効であるが、我が国では現在保険適
用とはなっていません。近年、ニューキノロン系薬に対する感受性
の低下が著しくなってきています。

予防対策としては、性的接触時にはコンドームを必ず使用すること
を教育する。また、患者だけでなくその接触者を発見し、早期診断
と治療を行うことが重要です。

▽淋菌感染症 のキーワード

▽次の記事、前の記事

STD−DNA同定セット(クラミジア・淋菌・HPV) | 血小板数(PLT)

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

デング熱 蚊で媒介されるデングウイルス感染症
デング熱は、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症です。4種の血清型が存在し比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱とがあります。
新規保険収載 デングウイルスNS1抗原定性
NS1抗原を標的にした検査法は、ウイルス遺伝子が消失したあとも検出が可能であることから、デングウイルス感染の診断補助に有用であるといわれています。
DIC播種性血管内凝固の新診断基準 日本血栓止血学会2014
日本血栓止血学会は、厚生労働省DIC診断基準を修正したDIC診断基準暫定案を発表しました。アルゴリズムで、DICを「造血障害型」「感染症型」ならびに「基本型」の3つの病型に分けています。
新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の効果と副作用
新規糖尿病治療薬sodium glucose co-transpoter2(SGLT2)阻害薬はインスリン作用を介さずに腎尿細管を標的とした薬剤です。
メタボロミクスによる癌診断
メタボロミクスは、有機酸、アミノ酸、脂肪酸、糖などの多種多様な低分子量代謝産物(メタボローム)を対象とした研究です。
膵グルカゴン 完全長膵グルカゴンを特異的に測定
完全長の膵グルカゴンを特異的に測定する研究検査項目です。
IgGサブクラスIgG2
IgGサブクラスIgG2検査はIgG2欠損症の診断、及び免疫グロブリン製剤の投与時に必要な検査です。
後天性血友病 APTTクロスミキシング試験
後天性血友病インヒビターの存在を知る簡便な方法としてAPTTクロスミキシング試験があります。
血液検査で癌の早期発見ができる miRNA検査
たった1滴の血液から、13種類もの癌を早期に発見できる・・これまでの常識を覆す、画期的な検査方法がミクロRNA(miRNA)検査です。
認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは
MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint