尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)

尖圭コンジローマ(Condyloma acuminatum)は、ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)6、11型などが原因となるウイルス性性感染症です。特徴的な乳頭状・鶏冠状の疣贅(ゆうぜい)、俗に言う「イボ」を形成します。

スポンサードリンク

尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)

尖圭コンジローマ(Condyloma acuminatum)は、ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)6、11型などが原因となるウイルス性性感染症です。
生殖器とその周辺に、淡紅色ないし褐色の病変で特徴的な乳頭状・鶏冠状の疣贅(ゆうぜい)、俗に言う「イボ」を形成し、視診による診断が可能です。
自然治癒が多い良性病変ですが、ウイルスの型によっては悪性化にも注意しながら経過観察することが必要となります。

性交またはその類似行為によって感染する疾患で、世界中に分布しています。患者の大部分は性活動の活発な年代にみられるが、稀に両親や医療従事者の手指を介して幼児に感染し、発症することがあります。また、分娩時の垂直感染により、乳児が喉頭乳頭腫を発症する可能性も示唆されています。

・臨床症状
一般に自覚症状に乏しいが、外陰部腫瘤の触知、違和感、帯下の増量、掻痒感、疼痛が初発症状となることが多い。
表面が刺々しく角化した隆起性病変が特徴で、淡紅色〜褐色の乳頭状、鶏冠状、あるいはカリフラワー状と表現される。

・好発部位
男性:陰茎の亀頭部、冠状溝、包皮内外板、陰嚢
女性:膣、膣前庭、大小陰唇、子宮口
男女共通:肛門及び周辺部、尿道口
子宮頸部、膣に発症した場合は、外陰の病変同様の疣状を呈することもあるが、flat condylomaと呼ばれる扁平な病変を形成することが多い。20〜30%は3カ月以内に自然消退する。

・診 断
典型的な尖圭コンジローマは乳頭状、鶏冠状の特徴的な形態を持つため、視診で十分診断がつくことが多いようです。病巣範囲を確定するには、子宮頸部や膣、外陰部を酢酸溶液で処理した後、コルポスコピーで観察します。形態的に類似した悪性病変もあるため、確定診断は組織学的あるいは、膣の擦過細胞のHPV−DNA同定により行います。
HPV−DNA同定:低リスク型(尖圭コンジローマなどの良性な腫瘤性病変)。中あるいは高リスク型(癌組織に高率に検出された病変の悪性化に関与)
組織学的検査:軽度の過角化、舌状の表皮肥厚、上皮細胞の乳頭状増殖で、表皮突起部位の顆粒層に濃縮した核と細胞質が空胞化した像(koilocytosis)がみられます。

・治療・予防
外科的治療:切除、CO2レーザー蒸散法、電気メスによる焼却法液体窒素による凍結法(CO2レーザー蒸散法は、治療による周辺組織の損傷が少ないこと、高い治療効果が速やかに得られることから最も優れている)
薬物療法:5-フルオロウラシル軟膏、ブレオマイシン軟膏

細胞診で陰性になった場合に治癒とします。通常、ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)の感染から尖圭コンジローマの発症には数週間から3ヶ月程度かかるといわれているので、治療終了後も最低3ヶ月は厳重な経過観察をして、再発の早期発見に努めることが必要です。
本人が治癒しても、パートナーがHPVを保持しているかぎり再感染の可能性があるので、パートナーも必ず専門医を受診し、症状があれば治療をすることが重要です。

HPVは皮膚や粘膜の微小な傷から侵入、感染します。従って、感染予防にはコンドームの使用が効果的であるが、外陰部にアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などがある場合は特に感染しやすいので注意を要します。

▽尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ) のキーワード

▽次の記事、前の記事

クラミジア・トラコマチスDNA | STD−DNA同定セット(クラミジア・淋菌・HPV)

スポンサードリンク

健康診断・血液検査MAP:新着記事

デング熱 蚊で媒介されるデングウイルス感染症
デング熱は、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症です。4種の血清型が存在し比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱とがあります。
新規保険収載 デングウイルスNS1抗原定性
NS1抗原を標的にした検査法は、ウイルス遺伝子が消失したあとも検出が可能であることから、デングウイルス感染の診断補助に有用であるといわれています。
DIC播種性血管内凝固の新診断基準 日本血栓止血学会2014
日本血栓止血学会は、厚生労働省DIC診断基準を修正したDIC診断基準暫定案を発表しました。アルゴリズムで、DICを「造血障害型」「感染症型」ならびに「基本型」の3つの病型に分けています。
新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の効果と副作用
新規糖尿病治療薬sodium glucose co-transpoter2(SGLT2)阻害薬はインスリン作用を介さずに腎尿細管を標的とした薬剤です。
メタボロミクスによる癌診断
メタボロミクスは、有機酸、アミノ酸、脂肪酸、糖などの多種多様な低分子量代謝産物(メタボローム)を対象とした研究です。
膵グルカゴン 完全長膵グルカゴンを特異的に測定
完全長の膵グルカゴンを特異的に測定する研究検査項目です。
IgGサブクラスIgG2
IgGサブクラスIgG2検査はIgG2欠損症の診断、及び免疫グロブリン製剤の投与時に必要な検査です。
後天性血友病 APTTクロスミキシング試験
後天性血友病インヒビターの存在を知る簡便な方法としてAPTTクロスミキシング試験があります。
血液検査で癌の早期発見ができる miRNA検査
たった1滴の血液から、13種類もの癌を早期に発見できる・・これまでの常識を覆す、画期的な検査方法がミクロRNA(miRNA)検査です。
認知症を予防する MCIスクリーニング検査とは
MCIスクリーニング検査 とは、軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できるバイオマーカーを使用した血液検査です。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint